« 無責任な都庁と都議会を洗浄しろ! | トップページ | 都議会議員に問う »

2016年9月30日 (金)

森喜朗に会長の資質があるか?

 森喜朗という名前を聞いて「あのインチキ男が…またか?!」という感じがフツフツと湧いてきた。元首相で、オリンピック・パラリンピックの組織委員会会長である。

 何故か? 森喜朗が小渕元首相急逝の際、誰も知らない、誰も聞いていないのに「小渕氏から後継を指名された」という事件である。その後、強引に首相になったが、非常に後味の悪い出来事だった。

 今回の組織委員会会長就任の場合はどうか? 今回も、その経緯は不透明であり、魑魅魍魎(チミモウリョウ=怪物や化け物の世界)である。小渕元首相急逝の時と同じ展開だ。聞くところによると、会長就任は猪瀬元知事が辞任した後で、舛添元知事が就任する前、すなわち知事不在の空間を狙って、都民や国民が知らない間に決まっている。

 この男の考え方は、オリンピックの設備をカネに糸目をつけず、立派なものにしたいようだ。立派な設備にすればするほど利権が発生する。森喜朗自身のカネなら文句は言えないが、その資金は殆どが都民の税金であり、国民の税金だということを忘れているのではないか? もし忘れていないのであれば、これほど都民や国民をバカにした話はない。

 見栄っ張りなのか、オリンピック利権の確保なのか分からないが、彼の発言は都民や国民に理解を得ようとする態度がみじんもない。ましてや、「文句があるなら東京都の出資金57億円を返済する」との発言は、委員会をを私物化しているのと同じである。情報開示もなく、利権まみれ、疑問符だらけのオリ・パラから東京都は辞退したほうがいい。これは、森喜朗の資質の問題だ。経営センスがなく、経営責任を負う気概の無い森喜朗は、会長の資格はない。

 最近、政治評論家の小池知事に対する批判発言が目立つが、誰から頼まれ、あのような批判発言になるのか気になるところだ。でも、雑音に惑わされず、思う存分辣腕を振るってほしい。そう、あのマーガレット・サッチャー英国元首相のように…。彼女は、行政指導など法律を伴わない官僚の裁量権を悉く排し、英国病を見事に克服させた名宰相として知られている。私も都民のひとりとして、小池知事に期待する。

それにしても、自民党東京都連は何をしているのだろうか? 疑惑まみれの自民党は、豊洲、五輪と問題山積にも拘らず、何ら弁明もなく発言もない。無責任すぎないか?

« 無責任な都庁と都議会を洗浄しろ! | トップページ | 都議会議員に問う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572649/64279977

この記事へのトラックバック一覧です: 森喜朗に会長の資質があるか?:

« 無責任な都庁と都議会を洗浄しろ! | トップページ | 都議会議員に問う »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック