« 財務省による財務省のための軽減税率だった! | トップページ | どっこい、それでも憲法は生きている »

2015年9月16日 (水)

憲法の最高法規性を与党は無視か?

 安保法案が今日か明日にも可決されるという。ひと口に安保法案といっても、内容がどんなものか分らない。私は、憲法には以前から興味を持っていたから、ある程度の知識は持っている。しかし、この安保法案は、表から堂々と入れないから、裏口から強引に侵入する行為と同じである。唯一、TV中継していたNHKも、中継したりしなかったりで、国民にはなるべき知らせたくないのだろう。

 そもそも世界各国の憲法は、国民の権利を定めたものと、国民の義務を定めたものに大別される。わが国の憲法は、国民の権利と公務員の憲法遵守を定めたものだ。憲法上、国民の義務は、納税と労働の義務だけである。だからと言って、国民が権利を振りかざしてはならないし、国民も憲法遵守は当然のことだ。だが、ここまで強引に改憲しようとする安倍晋三の心の中には、国民の権利を謳った憲法を、国民の義務にしたかったに違いない。

 ところで、私の立場を明らかにしておくと改憲論者である。ただし、いまのやり方は到底認められないし、大反対である。憲法は国民の権利だけに、その時の為政者の考えで、現行憲法の理念を無視し、為政者の考え方に勝手に解釈を変えることが出来るならば、わが国は全体主義国家や共産主義国家と何ら変わりない。

 民主主義とは、一種の手続き主義であり、為政者のひと言で、右に行ったり左に行ったりは出来ない制度である。ところが、安倍晋三は手続きを省略して、「解釈の変更」という手段に出た。中谷防衛相は、以前「憲法問題を解釈という手段を使ってはいけない」と言っていた。だから、国会の野党との議論では、しどろもどろ。信念のある大臣ならば、とっくに辞表を叩きつけているはずなのに、よほど大臣という職業は美味しいらしい。

 いま、問題になっている安保法案は、国民は「戦争法案」とも言っているし、その心配は皆無とは言えないだろう。こういう政治手法がまかり通るようになると、若いお母さん方が「徴兵制度が復活するのでは?」と心配している。それについて安倍が言ったか、中谷が答弁したか忘れたが、憲法第18条に「何人も、その意に反する苦役に服させられない」から大丈夫と言っていた。本当に大丈夫か?その時になると「徴兵制度は国民の義務」と平気で解釈を変えるのが現政権ではないか?

 今日9月16日、公聴会が開かれた。公聴会とは、安保法案について国民の代表から意見を聴取する会だ。国民の代表と言っても国会議員とは違う。真の国民の代表だ。そして、国民がどのように考えているかを検討し、その法案の妥当性を決めるためだ。しかし、公聴会が終わった途端、参議院の委員会で採決、その後の本会議にて賛成多数にて安保法案が成立することになる。公聴会の意見の検討なしでだ。公聴会に出席し、意見を述べた人は、まるでバカを見ただけではなく、意図せざる間接的な憲法違反に手を貸したことになる。憲法第98条には「憲法は、国の最高法規で、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部または一部は、その効力を有しない」とあるが、安倍晋三はこの条項について、どのように解釈しているのか?

« 財務省による財務省のための軽減税率だった! | トップページ | どっこい、それでも憲法は生きている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ここまで腐りきってるのはなにがいけないのでしょうか?
官僚システムでしょうか?政治システムでしょうか?国民でしょうか?メディアでしょうか?経済システムでしょうか?
この体制が合法的な手段で変わることはできるでしょうか?

国民が腐っているとは思いません。経済システムを否定すると国が崩壊してしまいます。問題は官僚と政治システムです。第4の権力と言われるメディアも腐りきっています。民主主義を支えているのは三権分立です。正確に調べた訳ではありませんが、与党議員の内、大臣、副大臣、政務官、補佐官など100人以上が就任しています。この連中は、立法府の人間でもあり、行政府の人間でもあるという言うならば利益相反議員なのです。憲法には国の唯一の立法機関であるの規定されていますが、実際の立法府は行政府が行なっているのです。野党は少数ですから三権分立ではなく、二権しか機能していなく、ますます官僚をのさばらせています。メディアは批判精神を忘れ、首相から高級料理をふるまわれると言いたいことも黙ってしまいます。選挙制度もおかしくしています。小選挙区制は政権の力を強大なものにしますし、選挙区で落選しても比例代表制の名のもとに復活できます。また、衆議院議員に落選しても、いつの間にか参議院議員で高額な収入を得ています。もう一方の司法ですが、はっきり「憲法違反」とはなかなか言いません。「違憲状態」と訳の分からぬことを言って口を拭っています。司法も行政なのです。従って、行政府(官僚)と立法府(国会議員)のもたれあいで、好き勝手なことをしています。ここまで堕落したのは官僚と議員の責任大です。
合法的に現行体制を変えるには、最高裁判所の判事が「1票の格差」を「違憲」とし、その選挙を「無効」とまでドラスチックに判定し、選挙制度を以前の中選挙区制に戻すことから始めることでしょうね。
それと国会議員の質が悪すぎます。この間の安保法案の可決時を見ていて、これが国民の代表?と多数の方が疑問を持ったと思います。このざまを小学生や中学生にどう説明出来ますか?長くなりましたから、この程度で終わりたいと思いますが、家業とする国会議員は不要です。戦後70年、制度疲労とも言えますが、制度疲労として片づけられない問題を含んでいます。雑駁な回答で申し訳ありません。

行政が立法(閣法)しているので、行政に都合の悪い法案は絶対にできるはずがないですよね
一説によると日本の公務員の報酬は世界一だそうです、欧米先進国の2、3倍という数字もあります
国家予算も特別会計というわけのわからない制度がのさばっている
内閣法制局という存在も他国にはないかもしれません、行政と屈託しているメディアは全く問題視すらしません、また、砂川判決に見るように、独立国家として司法が機能しているかはなはだ疑問です

小選挙区制は表向き政権交代できる政党ということで小沢氏などが導入しましたが、米国などみると二大政党制がまともに機能しているとは思えません、どちらの政党もバックは多国籍企業です、少数の意見も取り入れられる昔の中選挙区制のほうが日本にはあっているかもしれません、安倍自民が独裁になっているのも小選挙区制が原因とも言われています

政治家については世襲は禁止すべきです、あと法外な供託金制度、あれは一体なんなんですかね?野党も改善する気さらさらないようです、

一票の格差より問題なのが、期日前選挙や機械による集計です、不正されているという話がたくさんあります
あと、政治家は問題あれば、選挙が正常に機能していれば選挙で落とせますが、官僚は問題起きてもなんともありません、痛くもかゆくもありません
メディアもどんな放送しようが免許をとりあげられることがありません
最後はいつも国民がしりぬぐいするだけです
原発がいい例です

話戻りますが、中選挙区制に戻す、という話は政治家(特に不利な弱小政党)からもマスコミからも全く聞こえてきませんね
なぜなんでしょうかね?

あと
なに仕事しているかよくわからない地方議員はリコール(解職請求)できますが、
なぜかしら国会議員はこの制度がありません
国会議員は特権だらけです、
おかしくありませんか?
国民が間接政治の代表として選んでるだけなのに、国民以上の特権だらけです
議員報酬もふざけています
目に見えない報酬もたくさんあるようです
一度選挙に受かれば億単位らしいですね、立法業務もしていないのに

 色々とご意見頂きありかとうございます。初めにお断りしておきますが、私は学者でも評論家でもありません。ただ、これまでの人生80年間で自分で体験したこと、習ったこと、見聞きしたことを、感情の赴くままブログにしたためているだけで、間違ったことを書いているかも知れません。
 今回頂いたご意見は、10に大別されていると思います。①公務員の収入は欧米の2~3倍➁国家予算に特別会計という訳の分からないものがある③内閣法制局という存在④選挙制度の問題⑤世襲制度⑥法外な供託金⑦期日前投票の不正な集計⑧官僚の責任感のなさ⑨メディアの問題⑩国会議員にはリコール制度もなく、特権だらけの問題。以上に分類されると思いますが、この中には初めて聞く事項もあります。私の知っているものについては、これまでも「武井信雄のブログ」で幾たびか問題として取り上げたものもあります。この中で私の知らなかったものは、期日前投票で不正な機械操作が行われていたという点、地方議員にはリコール制度があるという点、供託金が法外な額であるという点、以上のことは、即座にコメント出来ませんのでご了承願います。
 それ以外の点は、あなたに同感です。これ等についてコメントしますと長くなりますので、ご面倒でも私のブログを中断(’13.11.22に中断して’15..09.12に再開)する前に書いたものをお読みいただければ幸甚です。年号は西暦です。①「人は死ねば神様・仏様になれるのか?」(’13.11.22)➁「官僚の下請けになった大臣と議員」(’13.11.21)③「銀行と監督官庁」(’13.10.27)④「おかしいと思うこと その1~2」(’13.09.21~22)⑤「官僚と政治家ばかりが得をしている」(’13.09.01)⑥「政治家の二枚舌」(’13.08.01)⑦「国会答弁くらい自分の言葉で!」(’13.06.21)⑧「憲法違反の議員を放置するな!」(’12.12.17)⑨「官僚の操り人形」(’12.10.21)⑩「乖離する憲法 その1~4」(’12.05.08~12)⑪「三権分立ならば三権を分離せよ」(’12.03.30)・・・
 この他に、特別会計については「消費税を上げる前に100兆円を超える外貨準備高など外為特会を使うべき」と書いた覚えがありますが、コピーが行方不明で申し訳ありません。おっしゃる通り、特別会計は、税金ながら収入も支出も公開されておらず、官僚の裏金的存在です。でも政治家は見て見ぬふりです。メディアの問題ですが、免許の前に法人税の問題があります。公開企業ではないので、確証はありませんが、確か大きなメディアの法人税は、軽減税率が採用され、政権に不都合なことをすると法人税を通常に戻すと脅され、批判精神を失ってしまうのだと思います。いずれにせよ、三権は持ちつ持たれつの関係と言えましょう。まだまだ、言い足りませんが、以上のことをご参考にしていただければ幸甚です。

結局のところ日本人には西洋式のなんでもかんでもはっきりわかれた政治システムは無理なんじゃないかと思います。いまある三権分立だの民主主義だのはおしきせです。
なーなーの村社会で何千年も生きてきたから。。。。それは西洋みたいなぎすぎすした社会でないいい面もあります・・・
江戸時代はまだ西洋文明に毒されてなかったようですが、いまよりは平和だったようです。
明治維新で文明開化の例をみるように、歴史の教科書が改ざんされているようですのでなんともいえないのですけど。
全く新しい日本式の社会の統治システムを作り出したほうがよさそうですね。
自由主義だの共産主義だのの言葉にごまかされてるような気がします。

あなたのおっしゃる通りです。

理想など口でとやかくいうのはいろいろできますけど
実際は何からどうすればいいんでしょうかね?
現権力は官僚中心に三権メディア財界米軍などと一体化しており
八方ふさがりのような気もします

以前選挙制度を戻す提案をされていましたが、小選挙区制は明らかにおかしいですよね
まったく民意を反映しません、全部比例でもいいくらいです
ですが、なぜか中小政党から非難の声があがりません、不思議です


日本で一番偉いのは誰か? 天皇家ではなく、躊躇なく「官僚」と答えることが出来ます。その下に、かしずいているのが「政治家」でしょう。貴方は「理想など口で言うのは出来るけど、実際は何からどうすればいいのか?」とのご質問ですが、本音は「私も聞きたい」思いです。
民間企業には色々な部門があり、数年単位で人事異動があります。ところが、公務員は所属している部門間での移動はありますが、部門を超えた移動はありません。だから、省庁を超えた人事異動を導入すべきなのです。しかし、本来は「政治家」が指導力を発揮しなければならないのに、何もできません。何故、出来ないのか?政治家には能力がなく、バカだからです。能力がないから「官僚」に丸投げしているから、わが国は官僚と政治家の楽天になってしまうのです。「だから投票に行かないからいけないのだ」という声が聞こえそうですが、バカが立候補して、自分の名前を連呼している連中に、誰が投票に行きますか?これ以上書いていてドンドン頭にきますからここらでやめにしておきます。
「小選挙区制に中小政党から非難の声が無い」との質問ですが、小選挙区制の下に比例代表制という文字があるのです。この比例代表制があるから中小でも復活当選しているじゃないですか。こういうインチキな制度を作るのも、政治家ではなく、ほとんどが官僚です。全部比例にすると、とんでもない奴が当選してしまうので大反対です。衆議院議員に落選した人間が参議院議員で復活しているなんて許せません。この問題を書くと、また頭にきました。官僚に国会答弁を作らせている大臣が、官僚の言うがままでしょう。最近、一番頭にきたのは「憲法解釈の討論の経緯書を内閣法制局が作成していなかったことです。民間企業で取締役会議事録を書いていなかったら大問題になり、担当者は懲戒の事案です。

現在の官僚制は明治維新のときにつくられた(元はもっと前からあったようですね)ようですけど、現在につながる制度を作った人間(山縣有朋だっけ)が政治家が権力を持たないような仕組みを作った、とかどこかのWEBページに書いてありました、なるほど、と思いました。
三権分立なんて嘘っぱちですね(´,_ゝ`)プッ

確かに比例にすると個人を選ぶわけじゃないので、誰が当選するかわかりませんね
バカタレントいっぱい擁立しそうです
そういう政党は投票しなければいいだけですけど

中選挙か大選挙区くらいがいいんでしょうかね?
いっそのこと政党政治やめてもいいかもです
案件事案ごとに政治家個人で動けるようにすべきです
世襲も禁止、供託金も欧米なみにさげるべきです
首相含めて国会議員もリコールできるようにするべきでしょう

官僚も裁判官みたいに幹部クラスは国民信任投票で首にするとか降格にさせるようにしないとだめかもですね、本来は政治家が監督するんでしょうけど
(裁判官の信任投票も実質はまったく機能していません)

マスメディアも同じですね
完全に人民の洗脳機関、政府の宣伝機関と化しています
都合の悪いことは一切報道しないし、しても都合のいいように報道します
NhKの会長を首相が推薦するとかもおかしいですよね
メディアの免許も政府が認可を更新するらしいけど、全く機能していませんよね

戦前も官僚はやりたい放題やりましたね、結局誰も責任とりませんでした
国債も紙屑にしておしまいです

以前首相公選制とか危険そうとか思ってましたが、今の散々たる現状みると
それもありかもですね

ちなみに、内閣法制局のような行政府の中で司法判断するような部局って
海外にはないようですね
首相が法制局の首長取り替えるってのもおかしな話ですね

議事録隠しているのは論外ですね
特定機密なんでしょうかね?┐(´д`)┌ヤレヤレ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572649/62293433

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の最高法規性を与党は無視か?:

« 財務省による財務省のための軽減税率だった! | トップページ | どっこい、それでも憲法は生きている »

無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック